28年度第2回 指定形講習会&公認段位審査会

8月21日に、副館長と参加させて頂きました。

武徳会の審査には玄制流の形だけではなく
指定形の審査科目があります。
受審者が指定形から打ちたい形を選ぶシステムです。

自分は松濤館上がりなので、松濤館の形は何とか指導できますが
他の流派の形は全く分かりません。(勉強不足)

今の秀武の状況は

生徒「先生!この形打ちたい!」

自分「…ごめん。先生、出来ないから他の形にしてくれる」

今回はより細かく完璧にしたく松濤館の講習会に参加しました。
次回からは、他の流派の講習会に参加する予定です。

秀武のみんな!もう少し待ってくれい!!


このブログの人気の投稿

空手ノート。

2016年 今年最後の審査会。

2016年 クリスマス会&忘年会